プロミスの審査時間の対処の仕方

プロミスの審査時間や審査に時間がかかる場合についてお伝えしてきましたがいかがでしょうか?では、審査時間をできるだけ短くする方法はないのでしょうか?プロミスの審査は3段階で行われています。

第一次審査では、パソコンで自動審査さるるため時間はあまりかかりませんが、入力ミスがあると長引く原因になりますのでインターネット申し込みの際は入力ミスのないようにしましょう。

次に第二次審査は、プロミスの担当が審査を行います。この第二次審査では、書類に不備がないかなどチェックされますので時間がかかる部分です。対処法としては、必要書類に不備や漏れがないか自身でも確認するといいでしょう。また最後に会社に在籍確認の連絡がありますのでここでも時間がかかる場合があります。対処法としては、正確な会社名連絡先を入力すること、電話の取り次ぎがスムーズになるよう連絡依頼時間をきちんと伝えることです。スムーズに確認できるとこの審査は、30分で完了します。

審査の結果は、フル入力だとメールでカンタン入力だと本人確認を含むため電話でくる場合があります。メールが迷惑フォルダにいかないように設定しておくことをおすすめします。審査に一時間以上かかることは珍しいことではありませんが、待てない場合はフリーコールに問い合わせしてみるのもいいでしょう。

まれに一次審査のあと二次審査が進んでいない場合もありますので確認してみるのもいいでしょう。そして一番大切なことは、嘘の入力は絶対にしないことです。職業や収入、借用歴など調べれば分かることです。嘘の入力をすることで何倍も時間がかかり結果虚偽と判断されると借りることができません。心配であれば他社と併用して申請するのもいいですよ。

プロミス 審査時間 で調べていて、リンク先のページを見つけましたが、このサイトも参考になりますよ。

審査に時間がかかっているのはなぜ?

審査に時間がかかるということは審査してもらえているわけなので、必ずしも借りられいわけではありません。審査してもらえているということは、信用情報自体に問題がないと言えます。

信用情報とは、ローンやカードの契約状況や申し込み状況のことです。これらは登録されていますが、クレジット会社が信用確認のためにチェックしているものです。この信用情報に問題がある人は即効審査に落ちますので、長引くことはありません。

「信用情報に問題がある人はどんな人でしょうか?」信用情報に問題がある人は、金融事故を起こした人が挙げられます。よくブラックリストにのるなどと聞きますよね。金融事故には長期滞納·強制解約·債務整理などが挙げられます。長期滞納とは、消費者金融で借りた場合のみならず、クレジットカードや住宅ローン、車のローンなどすべてのローンを含む金銭契約において返済が遅れたり行われなかった場合です。この場合金融事故として扱われます。

そして、支払いがされない場合、強制解約されますので強制解約の経験がある人は信用情報に登録されています。また債務整理とは、返済ができないために減額要求したり免除を求めるためこのような経験があると貸してはくれませんよね。こういったケースは即効審査終了のため、審査に時間がかかっている場合は金融事故がないと判断できますよね。