審査に時間がかかっているのはなぜ?

審査に時間がかかるということは審査してもらえているわけなので、必ずしも借りられいわけではありません。審査してもらえているということは、信用情報自体に問題がないと言えます。

信用情報とは、ローンやカードの契約状況や申し込み状況のことです。これらは登録されていますが、クレジット会社が信用確認のためにチェックしているものです。この信用情報に問題がある人は即効審査に落ちますので、長引くことはありません。

「信用情報に問題がある人はどんな人でしょうか?」信用情報に問題がある人は、金融事故を起こした人が挙げられます。よくブラックリストにのるなどと聞きますよね。金融事故には長期滞納·強制解約·債務整理などが挙げられます。長期滞納とは、消費者金融で借りた場合のみならず、クレジットカードや住宅ローン、車のローンなどすべてのローンを含む金銭契約において返済が遅れたり行われなかった場合です。この場合金融事故として扱われます。

そして、支払いがされない場合、強制解約されますので強制解約の経験がある人は信用情報に登録されています。また債務整理とは、返済ができないために減額要求したり免除を求めるためこのような経験があると貸してはくれませんよね。こういったケースは即効審査終了のため、審査に時間がかかっている場合は金融事故がないと判断できますよね。